検索
  • Uesaka BBM Lab

Vietnam海老養殖池水質改善および健康育成・生産・経済性向上について

・Vietnamのメコン河沿岸で大体的にバナメイ海老の養殖が盛んです。3,000㎡x水深3M が1養殖池です。一養殖池に30万匹の稚海老を育てます。平均50%~70%の収穫で充分な採算が取れるのが現地の市場経済です。30%~50%の減収は、一に水質、二に水質です。 ・計測不能のBOD,COD値のABM植物由来乳酸菌での浄化テストです。 ・実際の現地でのテストは、稚海老⇒生育海老の飼料となるペレットにABM植物由来乳酸菌液を噴霧し給餌しました。毎日繰り返すことで、海老の生育は消化器官が綺麗になり、免疫力が著しく向上して、早期生育が視られました。平均3ヶ月係る収穫が2.5ヶ月となり、収量は90%と格段に上がりました。10%は何処へ行ったのか?養殖池管理人の証言では、メコン河からの侵入蟹(約3cm)が約5~6cmと大きく成長し、海老を補食しているのを視ています。 ・結果として、海老の背腸が透明になった海老が見つかっています。鮮度維持が覗えます







閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その

最小限の衛生維持は高度な社会維持には必要不可欠ですが、コロナ禍においては常に消毒、除菌を求められ、さらにはワクチン接種推奨が世界中でなされています。 短期的には有効な方法ということ。また、すでに常態化し違和感を感じなくなってしまいました。 一方、微生物やウィルスなどとヒトの共棲は太古より営まれており、ヒトは発酵食品を醸成するためや、皮膚や腸内に常在させることで、疾病予防に利用しています。 微生物や

『健全なる精神は健全な身体に宿る』の格言にあるように【免疫力】が人類の【健康生命】を司っている事実から『健全な身体は健全な精神を育む』と考えています。 あらゆる【病気】と【免疫力】とは比例相対関係にあり、現在の西洋医学は先端医療技術で研究・開発・治験を経て医療現場で利用され、国民としては心強いものがあります。反面、莫大な研究費や2013年を境に年40兆円以上もの予算が提供されてもなお、不足している