検索
  • Uesaka BBM Lab

BBM免疫力グラフ

最終更新: 2019年12月13日

[免疫力]が美容・健康・生命維持の根幹です美容・健康・生命は一体です。


新生児は無菌で誕生します。母乳を摂取して2~3日でBifidus菌を発生し、その時の母親の免疫力を約6ヶ月間受け継ぎます。 母親から受け継いだ、乳酸菌の代表の一つであるBifidus菌(大腸内滞留菌)を増殖し、健康・生命を育んできたもので、凡て[免疫力]の三文字に集約されます。 言い換えれば、美容・健康・生命維持は免疫力が左右していると言っても過言ではありません。 このBifidus菌が減少しないで、体内(腸管)に滞留し続けるならば、約120年間人の心臓は伸縮動き続けることが、動物学で検証されていることで、人の寿命は平均120歳となります。 然し、残念乍、母親から受け継いだBifidus菌は、約35歳前後から急激に減少の一途を辿り、免疫力の低下が始まります。 免疫力が低下時にVilusが侵入すれば羅病率が上がり、人によっては、残念ながら寿命を全うすることになります。 ★ 人が健康で生涯を全うするには、減少したBifidus菌の代わりに、バランスの取れた、生きて腸管に到達する乳酸菌を補充するしかありません。 日本人は、古来から発酵食品(漬物等)の文化を持っています。 漬物等発酵食品は、プロバイオティクス効果そのものです。然し、食品からの摂取では、免疫力向上の菌数が足りません。 


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

©2019 by 日本BBM研究所。Wix.com で作成されました。