検索
  • Uesaka BBM Lab

[ABM]植物由来乳酸生菌液のDIVISION

Classification

1).水溶液・・乳酸菌原液(健康食品用、食品添加物用、農・水・畜産用・その他

2).FD粉末、錠剤、顆粒状、カプセル 

3).竹粉末、オカラ等含浸、農産物育成、水質浄化 

Division

A.食品事業

食品事業:醗酵食品、炊飯米、麺類、パンケーキ類、加工食品、冷凍食品鮮度保持、ヨーグルト、ジャム類、代替保存料、各種調味料

健康食品:トクホ食品、サプリメント

B.飲料事業

乳酸菌飲料(着香)

C.農業事業

土壌改善(活性)、水耕栽培、路地栽培、有機農産物育成、ポストハーベスト(鮮度保持)

D.水産事業

養殖・畜養(養魚貝類・養鰻)、海苔類、 育成、飼料、水質改善、

水産部外事業:真珠養殖(アコヤ貝)

E.畜産事業

食牛・豚・鶏健康育成、搾乳、鶏卵、飼料、畜産伝染病環境対策、ストレス解消対策、脱臭近隣対策、メタンガス発生装置による電力エネルギー供給

F.環境事業

水質浄化、ビオトープ、土壌改良、生ゴミ処理

G.化粧品事業

ファンデーション他、石鹸、クリーム、 ローション類、飲む美容液

H.ペット事業

餌、飲料水、防疫、脱臭剤、洗浄剤

I.園芸事業

細胞活性剤、種子、防虫、家庭用水耕栽培キット

J.医薬部外品

老人ホーム脱臭、床ズレ対策、口腔ケア、脱臭下着

K.産業用事業

生分解プラスチック、生分解性フイルム

L.その他

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スリランカ政府は2021年4月、化学肥料とその他農薬の輸入禁止を決定し、完全有機農業改革を推進しているとのこと。 世界の農薬の歴史は今から100年ほど前から使用され、生育の促進、品質の向上、生産効率を目的に1950年頃から広く使われるようになり、現在の爆発的人口増加に対し必要であったとの意見と、有機栽培=健康的、農薬=有害という意見など賛否が分かれています。 100年前の解析技術と現在のそれには大

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その