検索
  • Uesaka BBM Lab

SDGsは微生物が担います。


左:7月収穫乳酸菌入り水耕栽培レタス 撮影日10/15、約3か月間の冷蔵保存状態です、

変敗の最終段階と言えるでしょう。しかし旧来のレタスで3か月もの間、画像のように原形を留めることは無理です。


右:8月収穫露地栽培キャベツ 撮影日10/15、約2か月間の冷蔵保存状態です。

乳酸菌入り土壌(左)分は外葉は傷んではいますが、固さが残っています。

乳酸菌無し土壌(右)分は握れば潰れてしまいます、腐敗の段階です。


合成保存料無添加のABM®植物由来乳酸菌によるバイオプリザベーション効果は絶大です。

つまりSDGs#12 「つくる責任 つかう責任」として食品ロス削減を担いつつ、化学物質無添加なため#14と#15の 「自然を守る」ことにも繋がります。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)

ホメオパシー的予防と科学的治療の融合 今、この状況においては副作用のない治療薬が1日も早く完成することが、人類にとって最も重要であり、まさに命を懸けた医療、製薬、その関係者の皆様の不断の努力が実を結ぶようお祈りします。 ウィルスとの戦いは疫学の歴史からみても未来永劫続くであろう。しかしながら現代の対処療法ではウィルスは常に1歩先を進んでいる。その証拠が「変異」であろう。しかもそのスピードは人智の及

 

©2019 by 日本BBM研究所。Wix.com で作成されました。