検索
  • Uesaka BBM Lab

ABM®乳酸菌によるヒト臨床試験にて​免疫力の向上と睡眠の質の改善に対し驚異的に有意に効果をもたらす可能性が示唆されました

 弊社のグループ会社である株式会社JBBMファクトリー(代表取締役 吉本賢一)※1と国立鹿児島大学大学院 消化器疾患・生活習慣病学(井戸章雄 教授・上村修司 准教授・田中啓仁 特任助教授)研究チームは共同でABM®乳酸菌【プロティクイーン】での機能性解明の為の臨床試験を行い免疫機能の一つであるIgA抗体が極めて高度な有意差を確認しました。

また睡眠の質においても関係性が示唆されている腸内常在菌であるBacteroides菌※2が極めて高度に増加しました。


本研究の遂行にあたり、終始多大なご協力を賜った、株式会社JBBMファクトリーおよびこれまで拡販にご協力頂きました皆様に深謝致します。







------------------

補足および参照資料

一般的に有意差があるとされる確率(P)値とはP<0.05であり、数値の低いほうがより有意とされています。今回、IgA抗体試験で得られた0.009とは一般に比べ5.5倍以上、 Bacteroides菌数増加の0.01とは5倍と極めて優秀な結果が確認されました。

※1:株式会社JBBMファクトリーのご紹介。 弊社の真の健康という理念に強くご共有頂き、ABM®乳酸菌の 「乳酸菌原液・濃縮粉末パウダー」培養、製造、販売で事業参画頂いております。 http://www.jbbmf-co.jp/company/                    ※2:Bacteroides菌は睡眠の質以外にも免疫力、肥満との因果関係の報告がなされています。

腸内細菌学雑誌 27 : 203-209,2013 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim/27/4/27_203/_pdf 

(「バクテロイデスと免疫」  細野朗 日本大学生物資源科学部)

Glycative Stress Research 2021; 8 (2): 73-86  https://www.toukastress.jp/webj/article/2021/GS21-07j.pdf

(「4 層特殊立体構造マットレス使用による睡眠の質・腸内細菌叢へ及ぼす効果」 同志社大学大学院生命医科学研究科アンチエイジングリサーチセンター・糖化ストレス研究センター、京都  西川株式会社日本睡眠科学研究所、東京、)


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その

最小限の衛生維持は高度な社会維持には必要不可欠ですが、コロナ禍においては常に消毒、除菌を求められ、さらにはワクチン接種推奨が世界中でなされています。 短期的には有効な方法ということ。また、すでに常態化し違和感を感じなくなってしまいました。 一方、微生物やウィルスなどとヒトの共棲は太古より営まれており、ヒトは発酵食品を醸成するためや、皮膚や腸内に常在させることで、疾病予防に利用しています。 微生物や

『健全なる精神は健全な身体に宿る』の格言にあるように【免疫力】が人類の【健康生命】を司っている事実から『健全な身体は健全な精神を育む』と考えています。 あらゆる【病気】と【免疫力】とは比例相対関係にあり、現在の西洋医学は先端医療技術で研究・開発・治験を経て医療現場で利用され、国民としては心強いものがあります。反面、莫大な研究費や2013年を境に年40兆円以上もの予算が提供されてもなお、不足している