検索
  • Uesaka BBM Lab

ABM®植物由来乳酸菌(生菌)の概要

更新日:1月28日

ABMとは Able Bio Medicalのイニシャルで、有能、微生物で自然摂理に基づいた真の健康に資する医療と未病の予防を目指しています。


Ⅰ:開発の原点


医療分野に於いて、腸内環境を左右する乳酸菌の重要さについて認識され、汎用されている。しかしながら、現在汎用されている乳酸菌は動物性であり耐性が弱く胃酸(PH3前後)、胆汁等で死滅し、腸内にはほとんど生菌の状態で届かないことが問題点となっており、各企業がこの問題点解決に向かって研究されていることと思われる。  

当社が他社より先駆けて今回開発したABM植物由来乳酸菌(生菌)は、胃酸、胆汁に耐性があり生菌の状態で腸内に届き、従来からの胃酸に対する耐酸性の問題点が解決された。

開発にあたっては、国立三重大学 菅原 庸元教授(当時副学長、海洋微生物の権威)のご指導を仰ぎ研究の結果、目的の植物由来乳酸菌(エリート菌)を発見し、北海道産大豆全粒粉豆乳を培地にした植物由来乳酸菌の培養に成功した。(開発期間:21年)

Ⅱ:特徴

1. 安全、安心である。

ABM菌株は、DNA鑑定で「セーフティレベル1」で安全性が確認されており、特許 生物寄託センターに登録済み。


2. 強い耐性を持っているから生菌。


  1. 耐酸性・・・・・・・・動物性乳酸菌は、胃酸(PH1~5)の酸度により死滅するが、植物性乳酸菌のABMは胃酸で死滅せず、生菌の状態で有用微生物群として腸内に届き環境改善。

  2. 耐塩性・・・・・・・・動物性は、3.4%の海水で死滅するが、植物由来ABM菌は9%塩濃度でも生育。

  3. 耐熱性・・・・・・・・動物性は40.9度で死滅するが、ABM菌は55度でも生育。

  4. 高濃度・高機能・・・・2.2×10^8~9cfu /g(日本食品分析センター)とは1gあたりに2.2~22億個の乳酸菌がいる証明、しかも生菌。一方、市販の商品は1カップ(112g)あたり10億個=つまり1gあたり890万個しかおらず、しかも死菌。

  5. 汎用性・・・・・・・・ABM菌は、大豆全粒粉豆乳で培養しているため、生菌植物由来乳酸菌と大豆成分の効能との相乗効果が期待され、広範囲の分野で活用が期待され効果・実績を出している。


Ⅲ:活用目的

1.癌・糖尿病・アレルギー性疾患等に期待

  1. 腸内に生菌の状態で届き、体内細菌叢が改善されるので期待されています

2.その他農業、水産、畜産、美容等応用範囲が広い。

  1. ヒト同様、腸内に生菌の状態で届く為、腸内環境が改善され、免疫機能の強化

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その

最小限の衛生維持は高度な社会維持には必要不可欠ですが、コロナ禍においては常に消毒、除菌を求められ、さらにはワクチン接種推奨が世界中でなされています。 短期的には有効な方法ということ。また、すでに常態化し違和感を感じなくなってしまいました。 一方、微生物やウィルスなどとヒトの共棲は太古より営まれており、ヒトは発酵食品を醸成するためや、皮膚や腸内に常在させることで、疾病予防に利用しています。 微生物や

『健全なる精神は健全な身体に宿る』の格言にあるように【免疫力】が人類の【健康生命】を司っている事実から『健全な身体は健全な精神を育む』と考えています。 あらゆる【病気】と【免疫力】とは比例相対関係にあり、現在の西洋医学は先端医療技術で研究・開発・治験を経て医療現場で利用され、国民としては心強いものがあります。反面、莫大な研究費や2013年を境に年40兆円以上もの予算が提供されてもなお、不足している