検索
  • Uesaka BBM Lab

畜産分野(乳牛の搾乳量の飛躍的増加など)での活用

更新日:2021年6月24日

 人間同様、鶏、豚、牛等への給餌にABM®乳酸菌を加えることで、健康体に生育しますから鶏の産卵期間の延伸、ベビー豚の離乳期の死亡率、乳牛の搾乳量の飛躍的増加につながることが確認できています。当然肉質の向上も果します。

 畜産農家の悩みは、良質飼料の低価格確保にあるのですが、これが一番大変で収益に大きく左右されています。また、近年毎年のように襲ってくる、インフルエンザや伝染病の脅威と闘いながらの生産には並大抵の努力では防げないのが実情です。

 人も多剤耐性菌に冒されていますが、畜産物も同様、過去から続いている抗生物質の投与が大きな問題になっています。

これ等はすべて、免疫力の低下が引き起こしている証拠でありますから、ABM®乳酸菌で免疫力を高めることと同時に畜産物の飼育環境の改善が必要と考えています。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スリランカ政府は2021年4月、化学肥料とその他農薬の輸入禁止を決定し、完全有機農業改革を推進しているとのこと。 世界の農薬の歴史は今から100年ほど前から使用され、生育の促進、品質の向上、生産効率を目的に1950年頃から広く使われるようになり、現在の爆発的人口増加に対し必要であったとの意見と、有機栽培=健康的、農薬=有害という意見など賛否が分かれています。 100年前の解析技術と現在のそれには大

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その