検索
  • Uesaka BBM Lab

伊藤副環境相 水質浄化根拠ないEM菌を運河に「知らなかった」

更新日:3月19日

 EM菌による水質改善をいまだなお、実施しようとする活動を聞きますが、EM菌は沖縄の土壌菌であり、その環境下では有用な能力は持っているでしょうが、環境の異なる水棲生物の生体や環境への利用には当然、慎重であるべきでしょう。

LactobacillusにおいてはセフティーレベルⅠと認定され安全性が担保されています。ABM®に利用する菌には海洋環境から分離した乳酸菌を含みます。

これは、酸素量が多くない水中で、かつ塩分を含む環境でも生存していることを裏付けていると言えます。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

バリアを失う

最小限の衛生維持は高度な社会維持には必要不可欠ですが、コロナ禍においては常に消毒、除菌を求められ、さらにはワクチン接種推奨が世界中でなされています。 短期的には有効な方法ということ。また、すでに常態化し違和感を感じなくなってしまいました。 一方、微生物やウィルスなどとヒトの共棲は太古より営まれており、ヒトは発酵食品を醸成するためや、皮膚や腸内に常在させることで、疾病予防に利用しています。 微生物や

健康による健全な社会構築を考える

●序論 『健全なる精神は健全な身体に宿る』の格言にあるように【免疫力】が人類の【健康生命】を司っている事実から『健全な身体は健全な精神を育む』と考えています。 あらゆる【病気】と【免疫力】とは比例相対関係にあり、現在の西洋医学は先端医療技術で研究・開発・治験を経て医療現場で利用され、国民としては心強いものがあります。反面、莫大な研究費や2013年を境に年40兆円以上もの予算が提供されてもなお、不足