検索
  • Uesaka BBM Lab

水産分野では、環境(水質の浄化など)を改善による効果が確認!

最終更新: 6月24日

 養殖・畜養が盛んになってきた現在、限られた費用とスペースでの生産効率を高めるため、抗生物質の投与等が行われています。

畜産と同様にABM®乳酸生菌を投入することで、水質(環境)の浄化、残餌の処理、アンモニアの分解により

●魚介類の生産性向上に大きく寄与する。

●加工段階では大腸菌群、サルモネラ菌等の抑制を果たし食中毒を抑制する。

当然、健康に生育した魚介類を人が摂取することで良い植物連鎖となり健康になるのです。

詳しくは、(株)日本BBM研究所までお問い合わせください。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康による健全な社会構築を考える

●序論 『健全なる精神は健全な身体に宿る』の格言にあるように【免疫力】が人類の【健康生命】を司っている事実から『健全な身体は健全な精神を育む』と考えています。 あらゆる【病気】と【免疫力】とは比例相対関係にあり、現在の西洋医学は先端医療技術で研究・開発・治験を経て医療現場で利用され、国民としては心強いものがあります。反面、莫大な研究費や2013年を境に年40兆円以上もの予算が提供されてもなお、不足