検索
  • Uesaka BBM Lab

毎食にスプーン一杯で健康を取り戻す

更新日:1月19日

接種の目安は?

 消化を助ける働きがありますので食後をおすすめしていますが、基本いつでも構いません。


1日あたりの摂取上限量は?

 食品ですので時間帯や量などの指定はありません。1日摂取目安量を基本に継続して摂ることと、食事の摂取量と栄養のバランスをお考えのうえ、毎日忘れないようご使用をおすすめします。



 癌および抗癌剤の副作用で苦しんでいる方や重篤難病の方で一度に大量摂取(1回50g以上)された方から良い結果報告があります。(一般的な小さじ=約5g)


健常者は食後に小さじ1~3杯。健康が維持できます。

健康と自負しているが、将来の健康に自身が無いとお感じの方は食前、食後の計6杯。

持病、既往症の経験され健康に不安を感じている方は、上記に就寝前を足して計7杯。

 化学物質は無添加の原料で自然の発酵力だけで植物由来乳酸菌を培養していますので

安心してご使用いただけます。美味しく安心して使用して健康へと。


※効果には個人差があります



地域代理店募集

 ABM Bio Colonyを普及する仕事です。 インターネット(web)の時代ですが、高齢者には縁遠いものです。WEB・Faxも出来ない電話のみの高齢者が地域社会のコミニティーから外れて、将来の社会不安や健康不安を抱えて暮らしています。 病は誰もがなる可能性があります。昔の【向こう三軒両隣】を拡げて、健康、将来不安を共有しながら払拭していけば、惨めな最期を迎える人が少なくなると考えています。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スリランカ政府は2021年4月、化学肥料とその他農薬の輸入禁止を決定し、完全有機農業改革を推進しているとのこと。 世界の農薬の歴史は今から100年ほど前から使用され、生育の促進、品質の向上、生産効率を目的に1950年頃から広く使われるようになり、現在の爆発的人口増加に対し必要であったとの意見と、有機栽培=健康的、農薬=有害という意見など賛否が分かれています。 100年前の解析技術と現在のそれには大

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その