検索
  • Uesaka BBM Lab

健康による健全な社会構築を考える

更新日:1月13日


『健全なる精神は健全な身体に宿る』の格言にあるように【免疫力】が人類の【健康生命】を司っている事実から『健全な身体は健全な精神を育む』と考えています。

あらゆる【病気】と【免疫力】とは比例相対関係にあり、現在の西洋医学は先端医療技術で研究・開発・治験を経て医療現場で利用され、国民としては心強いものがあります。反面、莫大な研究費や2013年を境に年40兆円以上もの予算が提供されてもなお、不足している現実から、根本的には対症ではなく【免疫力による罹患予防および治癒】の両建てが必須です。

●そのためには

免疫力の要であるリンパ球増殖と同時に消化器系に良好影響を与えることで、栄養摂取効率が高まるよう、腸内環境・菌叢バランスに【ABM生菌】は最適です。

●【ABM生菌】とは

グラム陽性・微好気性菌で数多ある乳酸菌の中から選りすぐりの菌株を特殊なバランス配合で混合する事で、菌株の個性や機能差を活用し相乗効果を発揮する高機能な上に、広い汎用性をもたらします。細胞活性が促され、【免疫力】が強く、【罹患予防および治癒】となることは、人類の健康・生命向上そして繁栄となります。

●考察

より本質的な議論として、健康(美容)と生命維持は『食』にあります。その『食』生産プロセスの一次産品の栽培や飼養生産および2次食品加工段階で農薬や化学物資等の利用で特に日本は安全が最優先とされていないことは、認可されている食品添加物の多さから容易に想像できます。また新たな疾病(多剤耐性菌など)も報告されています。

●微生物の効果を利用した結論

【プロバイオティクス食品】で美味しく摂取し、【免疫力】へアプローチし【医食同源】へ繋がります。

【バイオプリザベーション効果】の滅菌作用で長期保存が可能となり、

【フードロス解決】と【安全な保存法】が享受出来ます。

総括

今のカラダの【疾病予防および治療】と、これからのカラダの【食糧および食品の生産】

を安心・安全に未来に引継ぐ微生物がBBMの願いであり【商品名:ABM植物由来乳酸菌 】です。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スリランカ政府は2021年4月、化学肥料とその他農薬の輸入禁止を決定し、完全有機農業改革を推進しているとのこと。 世界の農薬の歴史は今から100年ほど前から使用され、生育の促進、品質の向上、生産効率を目的に1950年頃から広く使われるようになり、現在の爆発的人口増加に対し必要であったとの意見と、有機栽培=健康的、農薬=有害という意見など賛否が分かれています。 100年前の解析技術と現在のそれには大

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その