検索
  • Uesaka BBM Lab

ベトナム海老養殖池汚濁水ABM菌液分解機能&水質改善最終報告

更新日:2019年12月13日

BとCの目視差では透明度、有機物残渣量において歴然と差が認められます。 ★ABM4菌株の相乗効果に加えSubtilis(5番目の菌)を5~15%加えることで抜群の分解機能を発揮します。  Subtilisのみでは、殆ど効果は見られませんが、ABM菌と共棲混合する事で最大の機能を発揮し効果を出します。

結論として : 海老養殖池の劣悪な水質はABM+Subによって改善されます。

問題は養殖池水量に対し適量を把握することにありますが、経済性を無視することは出来ません。よって、現地生産によって得られる経済性は、莫大になります。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

バリアを失う

最小限の衛生維持は高度な社会維持には必要不可欠ですが、コロナ禍においては常に消毒、除菌を求められ、さらにはワクチン接種推奨が世界中でなされています。 短期的には有効な方法ということ。また、すでに常態化し違和感を感じなくなってしまいました。 一方、微生物やウィルスなどとヒトの共棲は太古より営まれており、ヒトは発酵食品を醸成するためや、皮膚や腸内に常在させることで、疾病予防に利用しています。 微生物や

健康による健全な社会構築を考える

●序論 『健全なる精神は健全な身体に宿る』の格言にあるように【免疫力】が人類の【健康生命】を司っている事実から『健全な身体は健全な精神を育む』と考えています。 あらゆる【病気】と【免疫力】とは比例相対関係にあり、現在の西洋医学は先端医療技術で研究・開発・治験を経て医療現場で利用され、国民としては心強いものがあります。反面、莫大な研究費や2013年を境に年40兆円以上もの予算が提供されてもなお、不足