検索
  • Uesaka BBM Lab

バリアを失う

 最小限の衛生維持は高度な社会維持には必要不可欠ですが、コロナ禍においては常に消毒、除菌を求められ、さらにはワクチン接種推奨が世界中でなされています。

短期的には有効な方法ということ。また、すでに常態化し違和感を感じなくなってしまいました。


 一方、微生物やウィルスなどとヒトの共棲は太古より営まれており、ヒトは発酵食品を醸成するためや、皮膚や腸内に常在させることで、疾病予防に利用しています。

微生物やウィルスなどはヒトに栄養源や細胞を求め、増殖に利用しています。つまり双方に利用価値を見出し共存共栄の関係でありますが、微生物=悪玉という誤った考えの下、過度な衛生環境は共棲バランスを崩し、新たな疾病を生む序章の始まりではないかと危惧します。


 ヒトと微生物やウィルスなどのコンタクトは胎児が主に産道を通り、医師や看護師さんの力添えでこの世に生を授かります。その時に、母から、医療関係者から、環境から微生物を受け継ぎ、免疫力に繋がります。

微生物を減らすことは、自分のバリアを失うことであり、軽微な感染症に対しても免疫力を失ってしまうのです。失われ、バランスが崩れた時に免疫異常が、アレルギーであり、がん細胞などへの対応力が低下している理由と考えています。


 心身のメンテナンスと意識が免疫力に関与します。お大事になさってください。


まとめ

  • 微生物はヒトにとってガードマン。正しく付き合うことで一生涯のパートナー。

  • このパートナーを怒らせてしまったら絶対に勝てません。

  • 日頃から免疫力を高める生活習慣を意識ください。つまり、

発酵食品や食物繊維をもっと摂りましょう。危険な化学的添加材を避けましょう。

運動と睡眠の質も高めましょう。








閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スリランカ政府は2021年4月、化学肥料とその他農薬の輸入禁止を決定し、完全有機農業改革を推進しているとのこと。 世界の農薬の歴史は今から100年ほど前から使用され、生育の促進、品質の向上、生産効率を目的に1950年頃から広く使われるようになり、現在の爆発的人口増加に対し必要であったとの意見と、有機栽培=健康的、農薬=有害という意見など賛否が分かれています。 100年前の解析技術と現在のそれには大

「上医は未だ病まざるものの病を治し、中医は病まんとするものの病を治し、下医は既に病みたる病を治す」 東洋医学では最も優れた医者とは病気になる前の状態(未病)を治す」ということを表しています。古くから予防医学を重視してきたのかが、よく分かります。 本来、身体には生理的活動のバランスを保ち、常に健康でいようとする働きがあり、それを「生体の恒常性(ホメオスターシス:homeostasis)」と言い、その